飲み物で高める

【絶対失敗できない時】コーヒーで集中力を爆発的に高める!トイレ行きたくなる?

コーヒーが集中力を爆発的に高め、コーヒーで集中するのは可能です。

含有成分のカフェインが集中力UPを可能にします。

「ここ一番で失敗できない!」と言う時は、その勝負事の30分前に「グイっ」

とドーピングしちゃうのがわりと有効。

でも効く分デメリットがあるのも事実。

今回の記事では

  • ここ一番集中したい時のカフェインの有効性
  • お茶よりもコーヒーが良い理由
  • なぜ加糖よりもブラックが良いのか
  • コーヒーのデメリット
  • 1日の摂取上限
  • コーヒー断ちの重要性

が分かるように解説します。

ブラックコーヒーで集中力を爆発的に高める

忙しい現代人、特に日々多忙なビジネスマンの片手にはよくブラックコーヒーがありますよね。

しかも仕事が超できそうな「いかにも」と言う人の片手に持ちがちだったりします。

その事実だけでもコーヒーが仕事に何らかの形で効くと言うのは分かります。

⇒【夜、帰宅後にダラダラせずに集中する方法

理由:カフェイン

カフェイン:

興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。

wikipedia

上記引用のようにカフェインには覚醒作用があると言われています。

要するに脳を「シャキッ」と起こす効果のおかげで、集中力が得られるというわけですな。

当たり前っちゃ当たり前ですが。

朝食の食パンと共に飲んだり、重要な商談を控えているビジネスマンが飲んだりしているのも頷けます。この「シャキッ」を手に入れる為に彼らはコーヒーに手を出します。

はい、、コーヒーが良いのは分かりました。

「加糖のエメマンでも良いの?カフェラテでも良いの?」

数ある種類の中からどれを選べば良いのかという訳です。

ブラックコーヒーは血糖値が安定

集中力の効果に最大限授かりたいならばブラックコーヒー一択です。

理由はブラックコーヒーは砂糖が入っていないからです。

この砂糖が入っていないのがなぜ良いのか?

血糖値が安定するからです。

砂糖などの糖類、液体のため胃に滞在せず素通りし、すぐに小腸で吸収されますから血糖値が急激にグイーンと上がるんですな。

上がった後どうなるかと言われると血糖値は「ガクッ」と下がるんですな。

その時に人は眠さを感じるように作られています。

故に加糖、微糖、カフェラテなどはコーヒーの覚醒効果を半減させると言う訳なのであります。

、、美味しいんですけどね。

じゃあ、カフェインが含まれるけど無糖の紅茶や緑茶でも良いってことでしょうか?

集中力を高めるおすすめサプリ
集中力高めるサプリおすすめ15選【お金を出しても損しない神サプリを効果高い順に】お金を出しても損しない集中力を高める神サプリのおすすめ15選を、効果が高い順に紹介します。 対象者 集中力サプリが欲...

カフェインは緑茶や紅茶にも含まれる

結論、緑茶や紅茶よりもコーヒーの方が集中力を高める効果は高いと言わざるを得ません。

コーヒーが一番カフェイン含有量が多い

単純な事実ですね。

参考までに

カフェイン含有量一覧(100g)

  • コーヒー:60mg
  • 紅茶:30mg
  • ココア:30mg
  • コーラ:13mg

コーラにも13mg含まれているとは驚きですね。

デメリット

そんな集中力アップというライフハック的な飲料ですが、もちろんデメリットもあります。

デメリットを考慮せず飲みすぎると、逆にQOLが下がってしまう可能性もありますので注意が必要ですよ。

睡眠に影響

覚醒作用を得られるということは、夜の寝付きにも影響して当然。

カフェインの摂取後の半減期は16時間といわれています。

「勝負時」は仕方ないと思いますが(むしろ飲むべし)、午後は飲まない方が懸命ですね。

トイレに行きたくなる

利尿作用があります。

トイレに行きたくなります。

脱水症状に陥らないように水も一緒に飲みましょう。

飲みすぎると効かなくなる

人間の体は刺激に慣れるように作られています。

例えば営業マンも、はじめは新規営業や商談など緊張しますが時期に、「緊張」という言葉が辞書から消え去ります。

カフェインも同様。

飲みすぎると効かなくなりますよ、マジで。

じゃあ1日どれくらいまでなら飲めるんですかって話です。

上限は一日300mgまで

300mgまでとして厚生労働省は示しています

コーヒーでいうと500gまで、ペットボトル1本分ですね。

しかし、カフェイン感受性には個人差があるように感じてなりませんし実際そうだと思います。

あくまでも300mgは限界値として考え、摂らないで済むのであればできる限り抑えておきましょう。

カフェイン断ち2週間でリセット

「コーヒーに体が慣れてきて効かない!」

と感じ始めたら、コーヒー断ち、いやカフェイン断ちを実行しましょう。

はじめ数日間はカフェインが欲しくて溜まらないでしょうが、だいたい5日経った頃くらいから慣れてきます。

2週間ほど摂取をやめ、リセットさせましょう。

まとめ:集中したけりゃやっぱりコーヒー

コーヒーは覚醒作用が高く、集中力高める効果がピカイチです。

ここぞという場面で飲むと、その集中力で望む結果も得やすいでしょう。

しかし、デメリットや上限をしっかりと認識し、上手に付き合って行きましょう。

飲むだけでゾーンに入れる集中力サプリ15選

【集中力高める究極のドリンク】ヨーグルトとコーヒー摂取が効果的!先にネタバレしますと集中力を高める究極のドリンクは ヨーグルトを飲み 次にブラックコーヒーを飲む 以上です...