音楽で高める

集中力高める音楽はあるのか問題【クラシックとジャズと自然音は可】

集中力を高める音楽、というより集中力に影響が無い音楽というのは存在します。

  1. クラシック
  2. ジャズ
  3. 自然音

です。

理由は言葉が入っていない為、集中力には影響を及ぼさないのでは無いかという見解です。

例えば、日本語の曲を聴きながら勉強していると歌詞が頭に入ってきますよね。

その時、目の前のテキストの文字ではなく気づいたら歌詞の言葉を頭が認識するからですね。(大好きな日本歌手の音楽聴きながら勉強したいですけど、やっぱダメですよね…)

逆にこれが上記3つのクラシックやジャズや自然音の場合は、気が散るようなことは無く、人によっては音からのリラックス効果で集中できる可能性があります。

筆者のオススメの音楽は「滝」と「リラクゼーション」でして、それらだけサクッと聞きたければ目次から「管理人オススメ音楽は「滝」「リラクゼーション」」まで飛んでいただけると嬉しいです。

⇒【集中力を高めるお菓子は無い?

集中力を高める音楽は無い!?

集中力を高める音楽がある!

と本当は言いたいところではありましたが、実はそんな都合が良いものはありません。

科学的に実証されているものがあれば、もっと普及し、義務教育である小学校や中学校に普及していないとおかしいですからね。

理由は、「無音こそ」が集中の条件としては結構最強で、強いていえば「耳栓」が効果的な音楽(少し無理やりですが)です。

カフェで作業をするときは周りの声が入ってきて集中できない問題に直面するときもあります。

「集中しなければ!」と思っているとき、周りが騒がしいというのは辛いですよね..(楽しいので微笑ましいのですが..)。

そんなとき、耳に音楽をかけておく方がマシな時があります。

その時に選ぶ曲のジャンルを紹介しようと思います。

【断言】食べ物の量は腹8分目が集中力高める【昼食はいらない?】食べ物は腹8分目が集中力を高めます。これは間違いがありません。 お昼の定食のご飯を大盛りにしたりおかわりしている人は要注意です。 ...

クラシックとジャズと自然音

  1. クラシック
  2. ジャズ
  3. 自然音

であれば、目の前の作業の邪魔にはなりませんよ。

ユーチューブなどで簡単に拾えますから良いですね。

こういう言葉なしの音楽であれば問題ありません。

「集中力を高める音楽(音源)」というのも決して間違ってはいませんが、詳しくは集中力の妨げにならない音楽と理解しましょう。

何事も盲目に信じて「信者」になってはいけません。

⇒【ヨーグルトとコーヒーで過集中?

歌詞入りはNG

結論から申し上げますと、日本の歌手の曲はダメです。

日本語歌詞が耳に入ってきて、その言葉の処理に脳内リソースを費やしちゃうんですな〜。

「どんなときも〜どんなときも〜僕が僕らしくあるために〜」なんて聞こえてきた日には、「ふんふん、それで?」と脳が勝手に考え始めちゃいます。

人間の脳って、本当によくできてますから、あなたの頭部についている「それ」を侮ってはいけません。

⇒【水飲まないのは集中捨てると同義?

洋楽はまだマシ

理由は歌詞を理解できないからですね。

AVICIIなどは聞いてもまだ良いですよ。

EDMは交感神経優位の戦闘モード前には良い

歌詞が無いとはいえ、EDMは集中力を高めるにはあまり適しません。

理由は、交感神経優位の状態になり「アゲアゲ↑」になるからですね。

逆に、

「今から試合だ!」

「負けられない戦い!」

「絶対勝つ!」

など、戦闘モードに持っていく場合にはわりと良いです。

スポーツの試合の前とかであればオススメです。

【結論】間食はナッツの理由!【低GIの食べ物は集中力を高める】食事と食事の間の、いわゆる間食はナッツにすべきです。 理由 低GI食品のため、血糖値の乱高下を防ぎ且つエネルギーになるか...

管理人オススメ音楽は「滝」「リラクゼーション」

「滝」と「リラクゼーション系」はオススメです。

大滝の術

滝はこれ。

滝は古くから精神統一の修行に使われていました。

滝行などは一度はテレビや漫画でご覧になられたことはあるでしょうが、あれ実は滝の「自然音」で精神統一の状態に持っているんですな。

滝の痛さに心動かさず耐える、っていう一面もありますが、音で集中状態に持っていくのがメインなので実際に滝に打たれる必要はありません。

ぼーっと聞き流す感じでOK。

大滝の術と名付けましょう。

リラクゼーションは広橋真紀子さんが神

広橋さんは数々のリラクゼーション系の音楽を作っている、リラクゼーションの専門家。

メンタルデトックスという言葉は、広橋氏から初めて知りました。

理屈は良いので、試しにこれを聞いてみて欲しい。

なんか、眠たくなってきますね。

これは副交感神経が優位になっているということです。

リラックス状態になると、「フロー」「ゾーン」「無我の境地」「過集中」という状態に入りやすくなりますから。

個人的にはこの曲は100回くらい聞いていて、特に『明日への扉』はリラックスしつつも勇気付けられます。

※アマゾンレビューが397件ついている時点でいかに「バケモノ」具合が分かるでしょう。いわゆるガチというやつです。

要するに集中力を高めたかったら無音が最強で、騒がしい周りの音を完全に遮断したけりゃ「滝」と「自律神経にやさしい音楽」を推しておきます。