カフェイン含む食品

夜にコーヒーを飲むのはアリか?【次の日を無駄にする可能性が高い】

夜コーヒーを飲むと、寝つきが悪くなったり、眠れたとしても睡眠が浅くなりますので答えは「夜にコーヒーを飲むのはナシ」となります。

どうしても飲みたいのであればノンカフェインの「デカフェ」のコーヒーにしましょう。

⇒【夜、帰宅後にダラダラせずに集中する方法

夜にコーヒーを飲むのはナシ

夜にコーヒーを飲むのは、よほどの付き合いでも無い限りはナシです。

「夜の食後のコーヒー」なども基本的には無しにした方が良い習慣。

コーヒーはどうしても美味しくて、好きな人は飲まずにはいられないことも多いでしょう。

気付けば、家のコーヒーを探していたなんてこともしばしばあるでしょう。

もしその習慣があるのであれば、今一度改める必要があります。

なぜなら、集中力をはじめとした翌日のパフォーマンスを下げる可能性が大いにあるからです。

理由①:寝つき悪くなる

カフェインを飲むとどうしても寝つきが悪くなってしまいます。

お布団に入っても寝つきが悪いと、

  • 布団で寝付けずにゴロゴロしている時間
  • 睡眠時間の短さからくる寝不足

により翌日のパーフォーマンスに悪影響を及ぼします。

「あれ?なんか今日集中力が無いぞ?」と思われているのであれば、まずは前日にカフェイン飲料を摂った時間帯を思い出しましょう。

理由②:睡眠が浅くなる

「自分はカフェインが効かないんだ!」

と思われている方ほど要注意ですよ。

いつはカフェインの覚醒効果の自覚がなかったとしても、あなたの脳みそには少なからず影響が出ていますからね。

当然、睡眠にも悪影響を与えます。

「自分は違う!」とお思いでしょうし、実際その可能性も高いですが、騙されたと思って1週間だけ夜の時間帯のコーヒーを控えてみてください。

「あれ?なんか最近、自分集中力が高まっているのでは?」と感じ始めるはずですから。

デカフェの活用

それでもどうしても夜にコーヒーが飲みたい!という方はもいますでしょう!

そんな方は「デカフェ」「ノンカフェイン」のコーヒーを飲みましょう。

カフェインの入っていないコーヒーのことです。

味=コーヒーそのもの

味はコーヒーそのものになります。

あの下に刺さるような「堪らない苦味」などはそのままに、「覚醒効果だけを取り除いた」といった、コーヒー好きには夢のような飲み物です。

最近の技術はすごいですね。

「ナイトアロマ」がカフェイン除去率(99.85%)も高く、美味しくてオススメです。

⇒【今までと変わらず寝る前のコーヒーを飲む生活を手に入れる

市販のものでももちろん構いませんが、

  • カフェイン除去率が95%など高かったり
  • 味がそもそもコーヒーっぽく無い(あの苦味の「ガツン」が無い)

などの可能性も高かったりするので、購入の際は注意してくださいね。

コツ:水少なめで濃ゆ目にコーヒー作る

上記の「ナイトアロマ」を例にして話しますが、水を気持ち少なめに作ると、コーヒーの苦味も増して美味しく感じますよ。

舌に「苦いコーヒーを飲んでいる。大好物のカフェインだ!」と思わせることができればGOODです。

舌に「カフェインが入っている」と思わせて「騙し」、実は入っていないので脳にはカフェインの影響が無い。

苦目・濃ゆ目に「ナイトアロマ」を入れると、まさにその感覚を味わえます。

⇒【今までと変わらず寝る前のコーヒーを飲む生活を手に入れる

⇒【夜、帰宅後にダラダラせずに集中する方法

⇒【集中力を高めるサプリおすすめ15選

https://xn--u9jwf7a5etc9a4jo25y5exc.com/2019/09/27/%e9%9b%86%e4%b8%ad%e5%8a%9b%e9%ab%98%e3%82%81%e3%82%8b%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%8115%e9%81%b8%e3%80%90%e3%81%8a%e9%87%91%e3%82%92%e5%87%ba%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%82/